貴重な映画文化を守る法律

法律 映画

法律 映画について

貴重な映画文化を守る法律

画像
映画文化が健全に発展することは、その産業に携わっている方々にとって、非常に大きな意義を持ちます。
しかし、せっかくの素晴らしい作品が盗撮されてしまい、産業全体が打撃を被っているという点も無視できません。
そこで、盗撮防止に関する法律が、2011年に施行されました。
この法律では、盗撮を禁止するのはもちろんのこと、著作権が保護されることに関しても明確に定められています。
昨今では、ITの技術が非常に大きな進化を遂げていますし、ビデオカメラも従来より性能が良くなっています。
同時に、そのようなハイレベルな技術が、海賊版の商品を生産を助長しているという事実にも目を向け、問題を解決する努力も必要です。
このような行為を禁じることによって、映画館の観客数やビデオレンタルの利用者が減少することを食い止められます。
どんな作品でも、世にリリースするまでには、多大な人件費や労力がかかっています。
だからこそ、映画文化を守る法律の存在は、必要不可欠なのです。