法律を題材とした映画の面白さ

法律 映画

法律 映画について

法律を題材とした映画の面白さ

画像
法律は身近な存在で機能しているもので、それを題材とする映画は製作者のメッセージ性が読めて面白かったりすることも多いです。
なかでも刑法第39条という日本の映画が1999年にありましたが、責任能力の是非を問うという観点からよく身近で起きている犯罪と関係して面白かった記憶があります。
刑法第39条の規定には「心身喪失者は罰せず。
心身耗弱者は減刑す。
」と規定されています。
現代では刑法は現代語訳にはなっていますが、当時は古語形式で刑法が規定されていました。
加害者の弁護を図る上では、よく責任能力の有無を問うシーンがありますが、仮に殺人という過ちを起こしても刑を免れるか、減刑される可能性があるからです。
ただ社会的にみて責任能力がなければ、簡単に無罪になってしまうことには抵抗をもたれる方も多くおり、果たして全く罪を問われないとするのは妥当かというメッセージ性も感じられます。
特に少年犯罪などでも許しがたい凶悪犯罪が起こっている実情があるため、この第39条の妥当性を改めて感じさせる映画で、法律を考察するきっかけになった作品です。